スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
TOP
ミスジドロガメの交尾
ミスジドロガメは頻繁に交尾しています。


こんな感じで交尾すると、確実に成功しています。


成功するとこんな事になってもなかなか離れません。



産卵場の横にタッパーを置くと、砂がそこで落ちるので良いです。


スポンサーサイト
【 2013/04/20 20:36 】

ミスジ |
TOP
ミスジドロガメとアメリカハコガメの飼育
ミスジドロメガメはトロ舟で飼育していますが、
このトリオは後々販売すると思います。
♂はとても優秀な♂です。
♀は色抜けして丸い感じの個体と、白い感じの個体です。


ミツユビハコガメとトウブハコガメは、
広めの入れ物にヤシガラ土を入れて陸地と水場を設置していましたが、
すぐに潜って出てこないので、小さめの水飼育に切り替えてます。
この方が調子も良くて餌も食べて管理も楽です。





【 2013/02/02 23:44 】

ミスジ |
TOP
ミスジドロガメの飼育環境と裏技?? 
ミスジドロガメの分布は、
アメリカ合衆国南東部 
フロリダ半島南端からバージニア州までの大西洋岸です。
学名が、Kinosternon baurii

この亀は国指定の絶滅危惧(ST)になってしまいました。
ゴファーリクガメと同ランクになってしまったって事なんです。

っていう感じの亀さんなんです。

アメリカのハコガメやミズガメがかなり高騰してきてますよね。
まだまだ上がりそうですし・・・

ミスジドロガメは大きくなっても10cm前後で小さいです。
以前紹介したエコタフブネで飼育が可能です。
大きいエコタフブネでの環境はこんな感じです。


陸地に上がりやすいようにしています。


産卵場も設置しているので砂が水中に散乱してしまうんですよね。
こちらの産卵場は川砂です。


エコタフブネの一回り小さいサイズでも十分飼育可能です。


こちらの産卵場の砂は爬虫類用だったと思います。


で、この様に砂が水中に入っても土ではないので水が濁ったりはしません。
水質維持も楽チンですね。

でも底に落ちた砂はどうする???

そこでこんな感じに(^^)/

ある物でシュッシュッって感じで砂を寄せます。




寄せたら吸い取るだけです。
砂がなくなりましたね。


吸い取った砂をプラケ等に水ごと入れます。


それを洗って水を捨てて後は自然乾燥するのを待つだけです。


今回砂を吸い取るのに使用した物は・・・
100均に売ってますよ~
実は、これでした(^^)
普通のシュポシュポよりも小さくて良いです。
砂を吸い取るだけでなく、
糞をしたら吸い取るだけでかなり良い感じですよ♪


キレイになったでしょ?


水質維持には亀用水中フィルターで水流を少し作ってあげて、
糞取りしてます。後は小まめな水換えだけですね。

凄く食べるし糞も凄いですけど、
これで維持出来てます。

だからこんな風になっちゃったり(*^o^*)


そうそうこんな貴重になった亀ですが、
ペアでオークションに出しています。



これからのヤングな♂とヤングな♀です。
♂は貴重なので、この機会に是非どうですか?
ペア飼育なら60cmぐらいの水槽でも可能ですからね。

顔の画像をアップしてみます。

♂は柄になっていてカッコイイですね。


♀は白い所が多くてキレイですね。



【 2012/10/01 02:20 】

ミスジ |
TOP
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。