スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
TOP
レッドローチの殖やし方と分け方
レッドローチは動きが素早くて大変なんですが、
餌として繁殖能力が素晴らしく良いんですよね。

衣装ケースで管理していますが、
壁は登らないと良く聞きますが、汚れたら登ってしまうんです?( ̄ロ ̄|||)

殖やすのは床材がなくても糞や脱皮の皮とかで、
卵が守られて産まれてくるんです。
中には乾燥してしまって駄目になるのもあります。
でもシェルターの隅とかに産卵した卵には何か接着の様な物があります。

そのままでも十分殖えますが、
毎日の様に卵を回収して別に管理したらかなり殖えます。

タッパーや入れ物にヤシガラ土を入れ、そこにそのまま卵を乗せておくだけ。

こんな感じです。

このままほっておくだけで孵化してベビーがウジャウジャと出てきます。

その入れ物からフトアゴベビーのとこに、
餌として入れることができるので楽なんですよね。
ハッチしたてのフトアゴには丁度良い餌です。

衣装ケースでそのまま飼育してるのを、
親と小さいのを分けるのは大変です。
でも、ふるいを使うと簡単に小さいのを取り出せるんです。


育ったフトアゴには良い感じの大きさものが分けれます。

でも、レッドローチの一番良いのは脱皮して白い時なんですよね。
白いレッドローチにはフトアゴもレオパもかなり反応して食いつきます。
毎日ケースから白いのを取り出して餌にして、
その時に卵の回収もして、餌や水の補給もします。

水の与え方は、
色々試した結果、入れ物にヤシガラ土を入れて給水するのが良いですね(^o^)/
ヤシガラ土は亀に使用してるのを入れてます。
ヤシガラ土も食べてるみたいで減るんですよね^^ゞ

でも、やっぱり脱走が一番怖いです。
ケージが滑る場合でも汚れには注意するのと、
防止策として梱包用のテープを上の方に貼っておくと脱走予防にもなります。

ガラスケージや水槽で端にシリコンがある場合は確実に脱走します。
シリコンの部分に梱包用テープを貼れば滑るので回避出来ます。

これはあくまでも当方の方法なので参考程度でね(≧ω≦。)プププ

デュビアとレッドローチの繁殖をしてからは餌は自給自足になりました。
コオロギを繁殖してた時よりビックリするぐらい楽ですし、
殖える数も半端無いです。

しかし・・・

フトアゴアダルトケージにまたイエコが勝手に殖えてる(゚_゚i)
♂が鳴き出した。。。
前にケージ内の隠れれる所をどかしたら大量にイエコが出てきて、
皆食べさせたと思ってたのに(;^_^A

卵までは回収出来ないですからね。
スポンサーサイト
【 2010/05/04 22:58 】

ローチ |
TOP
レッドローチの繁殖
我が家ではハチュの餌は自家繁殖しています。
以前はイエコやフタホシもしていたのですが、
手間と臭いのと逃げるのとで断念してデュビアに変更しました。
でもデュビアだとサイクルが遅いのとハチュの反応がいまいちなので、
レッドローチも導入しました。
今年の初めに導入して半年で起動に乗り、
今ではえげつない数が居ます(◎_◎;)
見た目グロイので画像は控えておきます。笑

一回で集まる卵は数百個∑( ̄ロ ̄|||)
それが孵化すると、とんでもない数にヽ(゚Д゚;)ノ!!

我が家ではそんなに臭わないし・・・
滑るところは登れないし、
しかし・・・

♂はデュビア同様飛びます。かなり飛びます(;^_^A

そのまま餌にするとかなりの逃げ足です。
カルシウムをダストすると良い反応をハチュがします。

飼育法はデュビアとは少し違うんですよね~
【 2009/07/01 22:50 】

ローチ |
TOP
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。